メタケイ酸や市販薬よりネキシウムは強力に効きます

日本のドラッグストアや薬局の店頭で売られている市販薬は効果が緩やかなものが多く、メタケイ酸といった胃もたれをとる第2類から第3類の医薬品が中心となっています。これに対して、よく効く胃薬となると第1類医薬品となり、必ず薬剤師を配置した店舗で説明を受けてから購入することが義務づけられており、気軽に購入するのが難しいという現状があります。
市販薬の中でもメジャーで、胃薬単体として売られているだけでなく、風邪薬や鎮痛薬に含まれているのがメタケイ酸という薬です。メタケイ酸は整腸剤であるマグネシウムも含んでおり、胃酸を中和して胸焼けやげっぷといった軽い症状を取る胃薬となっています。風邪薬や鎮痛薬に配合されているのは、強い炎症作用を持つ薬で胃が荒れてしまうのを防ぐ目的であり、なおかつ他の薬と混ぜても効き目が失われてないことから配合向きの胃薬となっているためです。
このような優れた市販薬を服用しても、しつこい胸焼けや胃の痛みを感じた時には、医療機関を受診してネキシウムという胃薬を処方してもらうのが適切です。ネキシウムは錠剤もしくはカプセルの単体薬にはなりますが、薬の値段である薬価も低く、1か月分近くを処方されても1000円程度の負担金で済みます。しかも市販薬よりも強力に効き、即効性があることから、中々取れずに悩まされた胸焼けや胃の痛みも1週間程度で気にすることがなくなります。
胃酸の分泌を抑える機能や、胃の粘膜を保護する機能、鎮痛薬で胃が荒れるのを予防するための機能、潰瘍ができた方の治療薬の機能も、すべてネキシウム1つでまかなえてしまえるほど優れた薬です。薬局の店頭にある第1類医薬品よりも抜群の効き目を発揮します。

ページの先頭へ戻る