胃がん前の潰瘍、第一三共プラスより効果のネキシウム

わずか20年前までは、胃の粘膜が深く傷ついてしまうほどの潰瘍やほんの少しの胃がんでも、手術で切除する以外治療方法がなく、入院を伴って治療費用も時間も非常にかかっていた時代があります。現代では胃がんは胃カメラと同じ内視鏡という治療法が選択できるようになってきています。それと同時に非常に優れた胃薬の開発が進み、小さな胃潰瘍は市販の胃薬で治療ができ、胃がんの前段階にまで進行するような深い潰瘍を作る方が激減してきています。
市販されている胃薬の中でも、日本人が慣れ親しんでいて知名度の高い製品が第一三共プラスです。大手製薬会社である第一三共から発売されている製品で、胃もたれといった不快な症状をとるだけでなく、胃の次に食物の栄養吸収を行う腸の調子も整えてくれる、ダブルの効果を持った製品です。第一三共プラスは大抵の薬局やドラッグストアで簡単に手に入る製品であるため、医療機関にかかるまでもないちょっとした胃の不調に、さっと買えてすぐに服用でき、更にすぐに効果があるというお得感も長年支持されている理由となっています。
このように優れた胃薬である第一三共プラスを服用しても改善しない胃の痛みには、ネキシウムという優れた製品もあります。ネキシウムはガストリンという胃酸を分泌するホルモンの異常を抑え、過剰な胃酸分泌やストレスで荒れてしまった胃を整える他にも、荒れてしまった胃の粘膜を奇麗に修復するという特徴を持った胃薬です。2010年に販売されて以来、効果が強い胃薬としてネキシウムは様々な医療機関で支持されており、深い潰瘍と作ってしまった方も、元々胃粘膜が弱い方にも大変好評となっています。胃薬のトップクラスの製品としてシェアを年々拡大しています。

ページの先頭へ戻る