胃癌学会の寄与の予防、ピロリ菌除去とネキシウムで血

胃癌は日本人の特に男性において発症が多い癌の一つであり、胃癌学会ではそのリスクファクターについての研究が盛んに行われてきました。胃癌のリスクファクターとして重要であるということが判明してきたのがピロリ菌感染であり、それに伴う胃潰瘍が胃癌のリスクを大きく高めるということが胃癌学会で行われてきた研究報告により明らかとなっています。日本においてはピロリ菌の保有者も多いと推定されていることから、その除菌を行っていくということが胃癌防止において重要な考え方であり、その方法論の確立も胃癌学会を中心として進められてきました。その結果として三剤投与によるピロリ菌除菌の方法が確立されているのが現状であり、ネキシウムのようなプロトンポンプインヒビターに加えてアモキシシリンやクラリスロマイシンによる除菌を行うことによって高い確率で除菌を達成することができるようになっています。ネキシウムはピロリ菌除菌において頻繁に用いられていますが、胃潰瘍の治療においてもよく用いられるものであり、胃酸の分泌を抑制することができる治療薬となっています。しかし、胃潰瘍においては薬物治療を行っても出血が止まらないことも多々あります。出血が止まらない際にはネキシウムによる薬物治療から外科的治療に切り替えるのが一般的であり、開腹手術や内視鏡手術によって治療が行われます。しかし、早期に発見できることができれば薬物治療によって治療が達成されることが多く、血が止まらないという状況に苦しめられることはそれほど多くはありません。胃潰瘍の原因の多くがピロリ菌であることから、その原因治療も行うことができるため、胃潰瘍からの回復を促進できるからです。

ページの先頭へ戻る